式年造営御柱大祭 - 信濃國一之宮諏訪大社(公式サイト)

コンテンツに移動します
建御柱風景
式年造営御柱大祭

次回の御柱大祭は令和4年の4月(山出し)と5月(里曳き)です。
令和四壬寅年諏訪大社式年造営御柱大祭日程

上  社
下  社
山出し
4月2日(土)
4月8日(金)
4月3日(日)
4月9日(土)
4月4日(月)
4月10日(日)
里曳き
5月3日(火)
5月14日(土)
5月4日(水)
5月15日(日)
5月5日(木)
5月16日(月)
宝殿遷座祭
6月15日(水)
5月13日(金)
御柱祭(おんばしらさい)は7年目毎、寅と申の年に行われます。正式名称は「式年造営御柱大祭」といい宝殿の造り替え、また社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる樹齢200年程の樅(もみ)の巨木を曳建てる諏訪大社では最大の神事です。

勇壮さと熱狂的ぶりで、天下の大祭としても全国に知らている御柱祭は、古く、804年桓武天皇の御代から、信濃国一国をあげて奉仕がなされ盛大に行われる様になり、現在でも諏訪地方の氏子20万人以上と訪れる親戚、観光客がこぞって参加し、熱中するお祭です。
御柱祭建て御柱
御柱祭は上社、下社それぞれに山から直径約1m、長さ約17m、重さ10tにもなる巨木を8本切り出し、上社は約20km、下社は約12kmの街道を、木遣りに合わせて人力のみで曳き、各お宮の四隅に建てるものです。
    
4月の「山出し」と5月の「里曳き」とがあり、山出しでは、たくさんの観衆が見守るなか巨木の御柱が次々と坂を下る「木落し」、上社では冷たい水が流れる川を曳き渡る「川越し」あり、男の度胸試しにふさわしい壮観な見せ場があります。里曳きでは、長持ち、騎馬行列など時代絵巻が見もの。
    
大社の御柱がすむと諏訪地方の神社では御柱祭が行われます(小宮祭と言う)。この年は諏訪大社の御柱祭から始まり小宮の御柱祭で一年が終わります。
御柱祭木遣
上社の御柱祭
下社の御柱祭気落とし
下社の御柱
上社の御柱
信濃國一之宮 諏訪大社
お問合せ・祈祷などのお申込みはお電話にてお願い致します。
コンテンツに戻る